「キッズ・オールライト」を観ました

映画「キッズ・オールライト」(原題:The Kids are All Right)

を紹介します。

 

長年共に暮らしてきた同性カップルの子どもたちが、

自分たちの父親を捜し始めたことから起きる騒­動を

コミカルに描いたコメディー・ファミリードラマです。

出演:アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、

マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、

ジョシュ・ハッチャーソン
(豪華です!)

監督・脚本:リサ・チョロデンコ

 

2011年のアカデミー賞では、

作品賞、主演女優賞(アネット・ベニング)、

助演男優賞(マーク・ラファロ)、

脚本賞の4部門でノミネートされました。

 

予告編に出てきたフレーズをいくつか紹介します。

女の子が自分の遺伝子的父親に初めて電話しているシーン。

 

父親が言った一言

Right on.”
考えが新しい、進歩的だ

 

子供たちが遺伝子的父親に会ったことを受けて、

母親がこう言います。

 

“We can move on.”
次に進める→この件は終わり

move on は、次(のステージ)に進むという意味です。

 

失恋や、落ち込むことがあったとき、

I have to move on.
(前に進まなくちゃ

 

会議などで、

Let’s move on to the next agenda.
(さあ、次の議題に移りましょう

といった場面でも使います。

 

予告編最後の、家族で食卓を囲むシーンで、

“To unconventional family!”

型破りの家族に(乾杯)

 

conventional は、従来の、慣習の、慣習として認められた

という意味です。

un- がついてunconventionalは、その反対で、

慣例にとらわれない、一般的とはいえない、型破りな

という意味になります。

 

この家族は一般的とは言えませんものね・・・

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA