So-so. の意味

こんにちは。橋本です。

 

英語の挨拶では、

必ず尋ねるHow are you?の

定型的な答えは

Fine. thank you.ですが、

ちょっと英語に慣れた方で、

「まあまあだよ」という意味で、

So-so. を使われる方がよくいらっしゃいます。

 

確かにSo-so. は

「よくも悪くもない、まあまあだ」と

辞書にありますので、

間違いではないのですが、

日本語の「まあまあ」の語感と

英語のso-soの語感は異なります。

 

日本語の「まあまあ」は、

「まあまあいいよ」という感じで、

「特別よくはないが、悪いことや問題はないよ」

というニュアンスになります。

 

一方、So-so.について、

ネイティブスピーカーに尋ねてみると、

どちらかというとネガティブ、悪い方の

ニュアンスになるということでした。

 

従って、How are you?に対して、

So-so.と答えると、

どうしたの?何かあった?と

尋ねられる可能性が高くなります。

 

レストランの料理について、

How was the food? の答えとして

It was so-so. だと、

「まずいまではいかないけど、

あまり美味しくなかった」という印象になります。

 

人や作品などの評価にSo-so.を使うと

評価はどちらかと言うと低い方になって

しまうのです。

 

では、日本語の「まあまあいい」の

「まあまあ」はどうなるかというと、

・not bad

・not so/too bad

・fine

・all right

・okay

などになります。

 

How are you? の定型的な答えの

Fine.は、

「問題なく、元気にしている」

という感じなので、

一般的な表現として

よく使われているのだと思います。

 

So so. を使うときは、

ちょっとネガティブなニュアンスに

なることを頭におきながら

使ってくださいね。

 

 

 

・海外旅行に必須フレーズ30を厳選!

毎日1つずつお届けします

無料メールセミナー登録はこちらから↓

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

 

・メルマガ「みんなで楽しく英会話」

「なるほど、そうだったのか!」

知って得する、お役立ち英語をお届けします。

 

・まずは15分トライアルレッスン受けてみませんか?

英会話オンラインレッスン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA