ブックオフというネーミング

今日は不要になった本を処分しました。

 

今回はブックオフです。

 

本を捨てるのは、大変心苦しいので、

手軽に買い取ってもらえるシステムは、

本当にありがたいです。

 

この「ブックオフ」という名称は、

「ブック(本)」と「オフ(離す→手放す)」

という組み合わせで、ビジネス内容を

イメージしやすいネーミングだと思います。

 

ただし、英語としてみれば、

意味をなしていないのは事実です。

(会社名(固有名詞)なので、

どんな造語を作っても差し支えないありません。)

 

オフの元となっているoffは、副詞で、

動詞、形容詞、副詞を修飾しますが、

名詞(bookなど)を修飾しないからです。

 

似たような発想の和製英語が他にも

言葉がたくさん見受けられます。

 

例をあげますと、

コストダウン
英語では→ cost reduction, cost-cutting

動詞なら、reduce cost, cut cost

 

レベルアップ
英語では→improve, enhance 

 

ヴァージョンアップ
英語では→upgrade

 

イメージダウン
英語では→damage(hurt) one’s image

 

アップ、ダウンは要注意です。

日本語ではアップする、ダウンするというので、

動詞のような感覚があるかもしれませんが、

英語では副詞なので使い方が違います。

別の動詞が使われます。

(英語の習得は動詞を使いこなすことがポイントです。)

 

造語であってもカタカナ語は、英語のような感じがしてしまうので、

英訳するときは、辞書を引いたり、googleで検索して

その表現が使われているかを調べましょう。

 

また、使われていても、英語の表現と日本語に

意味の違いがないかも確認しましょう。

 

 

 

英語コーチのメルマガ発行しています。

登録はこちらからお願いします。

↓ ↓ ↓

メルマガ登録・解除

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA