日常会話・海外旅行の必須フレーズ 「予約しています」

日常会話・海外旅行の必須フレーズ 「予約しています」

こんにちは。橋本です。

 

みなさんの旅を一層楽しくする

簡単で便利なフレーズを紹介します。

 

今日は「I have a reservation.

「予約しています」 です。

 

「すいません、予約した〜ですけど・・・」

「予約した」の部分の表現です。

 

「アイハヴァリザベーション」

と読みます。

 

have aの部分は、vaが続いてしまって、

ヴァとなります。

 

レストランに入ったとき、

ホテルのチェックインのとき、

Hi! などの、あいさつのあと、

I have a reservation. といえば、

予約していることが伝わります。

 

予約名を付け加える場合は、

後に、under + 名前 をつけます。

 

I have a reservation under Kato.

(加藤で予約しております)

 

名前の部分をフルネームにすれば、

より丁寧になります。

 

もちろん、

I have a reservation.

My name is Saori Kato.

としてもOKです。

 

I have a reservation. と言えば、

 

May I have your name?

What’s your name, please? など

名前を聞かれるはずですので、

 

そのときに、

My name is …. と言ってもいいですね。

 

逆に、相手から

Do you have a reservation? と言われたら、

 

予約があるかどうかを聞かれていますので、

あれば、Yes. なければ、No

と答えましょう。

 

名前を言ったあと、

店員がリストや端末をチェックして

We don’t have a reservation under that name.

と言われれたら、

その名前で予約がないということです。

(don’t have で、「ない」ということを表しています。)

 

ネイティブは、相手の意に添えないときや、

残念なお知らせをするとき、

I’m sorryI’m afraidをつけることがよくあります。

 

I’m sorry I’m afraidが聞こえてきたら、

リクエストしたことができないということを

伝えていると思ってください。

 

何かの行き違いで、

予約したにもかかわらず、

予約されていないことがあります。

予約した記録や控えなどがあれば見せるといいですよ。

 

動画による解説はこちら

↓ ↓ ↓

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

 

◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

日常会話でも役に立つフレーズ、

これを知らずして旅は楽しめない!!

毎日1つずつご紹介。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

 

30フレーズまとめて一気見したい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

英語をやりたい理由は千差万別。

なんとなくやってみたい人も大歓迎!!

学習者一人一人にカスタマイズするエンパワー英会話

オンラインレッスンについてはこちらです↓↓

オンラインレッスン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA