海外旅行で使えるフレーズ ー Where is the bathroom/restroom?

こんにちは。橋本です。

 

みなさんの旅を一層楽しくする

簡単で便利なフレーズを紹介します。

 

今日は「Where is the bathroom/restroom?」

「トイレはどこですか?」です。

 

「ウエア イズ ザ バスルーム/レス(ト)ルーム」と読みます。

「ウエア」と「バスルーム」を強めにいいます。

「レストルーム」は「レ」にアクセントをおき、

「ト」は聞こえないくらい弱く言います。

 

whereが「どこ?」にあたります。

 

Where is の後ろに場所を知りたい対象や

地名を入れます。

 

米国では、トイレのことを

bathroom と言います。

 

「バスルーム」というと

お風呂・シャワーのある浴室を

想像されるかもしれません。

 

実際、欧米の家の作りでは、

トイレは浴室(バスルーム)の中にありますので、

トイレとバスルームの場所は同じです。

 

多くのアメリカ人が、

家だけでなく、公共のトイレであっても、

bathroomと呼んでいます。

 

bathroom 以外に、

restroom、washroom

も使います。

 

飛行機のトイレは

lavatory と表示されています。

 

米国ではtoilet(トイレ)は

便器の意味なので、

トイレをそのまま使って、

Where is the toilet? と聞くと、

アメリカ人はとても違和感を感じるそうです。

 

ただし、イギリス英語では

toiletで問題ありません。

日本のトイレと同じ感覚で使われます。

逆に、bathroomとは呼びません。

bathroomはあくまでも浴室を指します。

 

旅の中で欠かすことのできないトイレ。

Where is the bathroom/restroom?

いつでも言えるように練習しておきましょう!

 

オンラインレッスンについてはこちらです↓↓

英会話オンラインレッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA