海外旅行で使えるフレーズ「〜すぎる」

こんにちは。橋本です。

 

みなさんの旅を一層楽しくする

簡単で便利なフレーズを紹介します。

 

今日は「It’s too —.」

「それは〜すぎます」です。

 

「イツ トゥ —-」と読みます。

 

too の後ろには形容詞や副詞が入ります。

 

ショッピングで、

その状態では買えない、受け入れられない、

何かを変えてもらうための理由を伝えるときに

使えるフレーズです。

 

・価格交渉をするとき、

It’s too expensive.

高すぎます

 

・サイズが合わないとき

It’s too small.

小さすぎます

 

It’s too big.

大きすぎます

 

このあとに、

Do you have this in a different size?

(これの別のサイズありますか?)

を続けるといいですね!

 

・室温の調整をお願いするとき

It’s too hot.

暑すぎます

Could turn up the air-conditioner?

(エアコン強くしてもらえますか?)

 

It’s too cold.

寒すぎます

Could you turn down the air-conditioner?

(エアコン弱めてもらえますか?)

 

・ある観光地をすすめられたとき

It’s too far.

(遠すぎます)

 

・味を聞かれて

It’s too salty.

(塩辛すぎます)

 

It’s too sweet.

(甘すぎます)

 

tooの前にa littleをつけると

「ちょっと〜だ」

程度が和らぎます

 

It’s a little too salty.

(ちょっと塩辛いです。)

 

ちなみに、too を使った表現のうち、

It’s/That’s too bad. は、

「気の毒に、残念だ」という意味で、

相手のネガティブニュースについて、

同情を示すときに使います。

 

親しい間柄であれば、Too bad.

と簡略化していうこともあります。

 

例えば、

A: I missed the bus this morning.

(今朝、バスに乗り遅れちゃった)

 

B: Oh, that’s too bad.

(お気の毒に)

という具合に使います。

 

 

オンラインレッスンについてはこちらです↓↓

英会話オンラインレッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA