お金が数えられない理由

こんにちは。橋本です。

 

日本人が英語を学ぶときの壁の一つに、

日本語では意識することのない、

その名詞が数えられるの(可算)か、

数えられないのか(不可算)の区別をしなければ

ならないということがあります。

 

可算名詞の前には、a(n)をつけるか、

語尾にsをつけるのかという問題があるからです。

 

名詞ごとに可算なのか、不可算かが決まっています。

例えば、お金を表すmoney はというと、

moneyは不可算名詞です。

 

「お金は、売り上げいくらだとか数えている」

と思われる方いらっしゃると思います。

 

でも、1円、10円、100円と

数えるのは円であって、

「お金」を単位として数えて、

1つのお金、10のお金とは言っていません。

 

one money, ten moneysと言わないことは

イメージできると思います。

 

moneyという言葉は、物やサービスの交換に

使われるもの全体をさしていて、

お金は通貨の単位を用いて、

はじめて数えることができます。

 

1ドル、2ドル、one dollar, two dollars …

1ユーロ、2ユーロ、one euro, two euros, …

1円、2円、one yen, two yen, …

 

ちょっとややこしいのは、

yen(円)、yuan(元) は複数になっても

語尾にsがつきません。

ですが、不可算という意味ではありません。

 

moneyは数えられないけど、

dollar等、通貨の単位は

数えられると覚えておくといいと思います。

 

・海外旅行に必須フレーズ30を厳選!

毎日1つずつお届けします。

無料メールセミナー登録はこちらから↓

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

 

・メルマガ「みんなで楽しく英会話」

「なるほど、そうだったのか!」

知って得する、お役立ち英語をお届けします。

 

・まずは15分トライアルレッスン受けてみませんか?

英会話オンラインレッスン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA