老眼鏡という英語はない?!

こんにちは。橋本です。

 

先日の英会話レッスンで、生徒さんから

「老眼は英語でなんといいますか?」

と質問がありました。

 

医学用語ではpresbyopia と呼ばれていますが、

専門用語なので一般には知られていません。

presbyopia と言っても通じないことが多いです。

 

では、一般ネイティブスピーカーは

「老眼」のことをなんと言うのでしょうか?

 

もちろん、英語圏の人たちも老眼になり、

近くのものが見えにくくなったことを表現しますが、

「年をとったから起こる」という部分を

わざわざ表現しないのです。

 

近いところが見えなくなるのは、

遠視 (far-sighted) と同じなので、

I’m getting far-sighted.

と言ったり、

 

単純に「目が悪くなった」として、

My eyesight got worse.

と言ったりします。

 

より具体的に、

近くのものが見づらいなら、

I have trouble focusing on things up close.

というように症状を言うこともあります。

 

*have  trouble —ing   〜しづらい

focus on —    〜にピントを合わせる

up close   間近で

 

あるいは、このように言う人も多いです。

I need reading glasses.

「読書用のメガネが要る」

 

reading glasses、読書用のメガネとは

近いところを見るときにかけるメガネ、

すなわち、老眼鏡です。

 

「老眼鏡」はありますが、文字通りの意味を

表す単語が英語にはないのです。

 

英語圏では、日本ほど年をとることを言及したり、

理由にしたりしないのかもしれませんね。

 

言葉には、その国の文化や価値観、物事の捉え方が

表れるのでとても面白いです。

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA