はじめまして

日本の学校での英語教育はダメだ、

中学、高校で6年も勉強してきたのに

話せるようにならなかった…

こんな声をよく聞きます。

 

私は学校の勉強に無駄はないと考えています。

逆に言えば、中学校で学ぶ英文法が使うことが

できれば日常会話は可能です。

 

それくらい中学で学ぶ英語は基本的な英語が

使える文法が網羅されています。

 

では、なぜ話せるようにならないのでしょうか。

それは、

・唯一の正解を求めさせてしまう指導

 

・いく通りもある会話について成績をつけること

 

・スピーキングを指導できる人材の不足

 

・英語の授業数の不足

など、様々な理由があって、

「話す」練習が学校ではできなかったからです。

 

話す練習を効率よくするには、

最低限の文法を知っていることは有利です。

 

進行形、名詞、主語など文法用語を知っている

ということだけでも、英会話を始めるときに役立ちます!

 

日本語と英語は構造が異なるので、

自分の言いたいことを英語にするときは英語にしやすい

日本語に置き換えてから英文にするというプロセスをたどります。

 

ここにコツがあり、練習が必要なので、

この部分のアドバイスと練習をしっかりさせていただきたいと思います。