always, usually, often, sometimes の頻度って?

こんにちは。橋本です。

 

頻度を表す副詞について、まとめておきます。

 

絶対おさえておきたい超基本は以下の5つです。

(これさえ覚えておけば日常会話はばっちりです!!)

 

always  いつも、しょっちゅう

usually  いつもは、たいてい、通常

often   よく、頻繁に

sometime 時々、そうすることもある

never  決してない、絶対ない

 

上にいくほど、頻度が高くなり、

下に行くほど、頻度がゼロに近づきます。

 

日本語で「いつも」というときは、

alwaysusuallyが考えられます。

 

「100%いつも」というときは、always

「特別なことがなければ、通常は」という意味での

「いつも」であれば、usually になります。

 

oftenのイメージは、回数が多い様子です。

日本語では、「よく行くよ」の「よく」のイメージです。

*学校では「しばしば」と和訳をしています。

間違いではありませんが、日常ではあまり使わない言葉なので、

私は「よく」のイメージととらえています。

 

sometimes は、oftenよりも頻度は低く、

時々、たまに、〜するときもあるという感じです。

 

neverは、ゼロのイメージです。

 

例文で、イメージをつかんでみてください。

 

always get up at 7 a.m.

100%いつでも7時に起きています。

 

usually have toast and yogurt for breakfast.

通常、90%くらい、特別なことがなければ、

朝食はトーストとヨーグルトを食べます。

 

often shop online.

よく、結構ネットで買い物します。

ネットで買うことが多いです。

 

sometimes forget my girlfriend’s birthday.

時々、彼女の誕生日を忘れます。

頻繁ではないけど、忘れることもあります。

 

never forget my wife’s birthday.

妻の誕生日は絶対に忘れません。

100%覚えています。

 

習慣を話すとき、頻度を一緒に話すことが

多いので覚えておきましょう!

 

 

◆「トラベル英語これだけ30」

海外旅行に必須フレーズ30を厳選!

1ヶ月間、毎日1つずつ学べる無料メールセミナーです。

登録はこちらからどうぞ↓

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

 

 

◆メルマガ「みんなで楽しく英会話」

「なるほど、そうだったのか!」

知って得する、お役立ち英語をお届けします。

 

 

◆まずは15分トライアルレッスン試してみませんか?

英会話オンラインレッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA