豪州オープン大坂なおみ、クビトバへの言葉

こんにちは。橋本です。

 

先週末は、

大坂なおみ選手の豪州オープン優勝

うれしかったです。

 

個人的に、彼女の姿勢やコメントが好きで

注目しています。

 

今日は、表彰式で、決勝で対戦した

クビトバ選手へ送った言葉の一部を紹介します。

 

“Huge congrats to Petra,

I always wanted to play you.

You’ve been through so much

and I honestly wouldn’t want this

to be our first match.”

 

「ペトラ、私はあなたを称えます。

私はずっとあなたと対戦したかったんです。

大変なことを乗り越えてきましたよね。

正直言うと、今回(の決勝)を最初の対戦

にしたくはなかったけれど。」

 

congrats(コングラツ)は、

congratulations(コングラチュレイションズ)

の短縮された言葉で、

日本語では「おめでとう」にあたる言葉です。

 

ネイティブが日常的に使っています。

今回がそうなのですが、

相手がやったこと、達成したことを

誉め讃えるときに使いますので、

日本語での「おめでとう」を使う場面と

一致しない場合があります。

 

“You’re really amazing and 

I‘m so honored to have played you

in the Grand Slam.”

 

「あなたは本当に素晴らしい。

あなたと対戦できたことを

とても光栄に思っています。」

 

be  honored to 「〜して光栄である」

この言葉は感謝を伝えるのに

よく出てきます。

有名人のインタビューなどで

チェックしてみてください。

 

豪州オープン表彰式スピーチの映像は

こちらです。

 

[番外編]

試合後の共同記者会見で

表彰式スピーチのことに

尋ねられたときの一言。

 

“I forgot to smile.

I was told to smile, but I didn’t

I was panicking.”

 

「笑うのを忘れました。

笑うように言われてたんですけど、

笑わなかった。

パニックになっていました。」

 

会場が笑いに包まれました。

シャイな彼女らしい言葉だと思いました。

 

 

 

◆まずは15分トライアルレッスン試してみませんか?

英会話オンラインレッスン

 

 

◆「トラベル英語これだけ30」

海外旅行に必須フレーズ30を厳選!

1ヶ月間、毎日1つずつ学べる無料メールセミナーです。

登録はこちらからどうぞ↓

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

 

 

◆メルマガ「みんなで楽しく英会話」

「なるほど、そうだったのか!」

知って得する、お役立ち英語をお届けします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA