英語らしく話すコツーアクセントのある母音を丁寧に言う

こんにちは。橋本です。

 

英語の単語を発音するとき、

必ずどこかにアクセント(強勢)をおきます。

英語でのアクセントは音の強弱になります。

 

アクセントは母音(a,i,u,e,o)の発音の上におかれますが、

アクセントの置かれない母音はあいまいに発音されます。

 

これが英語の大きな特徴なので、

これができていないと、

英語らしく聞こえないということになります。

 

例えば、

hot は、oにアクセントが置かれます。

このoは大きく口をあけてオといいます。

どちらかというアに近い音になります。

イメージは、ハア」です。

語尾のt は極めて弱く、舌を軽く打って

息だけを出します。

 

日本語では、「ホット」で

「ホ」も「ト」も、ほぼ均等に

聞こえるように言いますね。

 

computer はpuの上にアクセントが

おかれています。

「ピュー」を丁寧に言うことがポイント。

その他の音は、小さくあいまいに言います。

カンピュー」というイメージです。

 

日本語は、言葉の一部をあいまいにすることなく、

どの音もほぼ均等に「コンピューター」と言います。

逆にどれかを曖昧にしたら、

舌足らずになってしまい、

何を言っているかわからなくなってしまいます。

 

カタカナになっているものでも、

かなり発音が違うことがわかりますね。

 

英語と日本語では、

音そのものの違いもありますが、

アクセントのある母音を意識して

発音するだけでも、

英語らしいイントネーションがうまれてきます。

ちょっと試してみてください。

 

 

◆まずは15分トライアルレッスン試してみませんか?

英会話オンラインレッスン

 

◆「トラベル英語これだけ30」

海外旅行に必須フレーズ30を厳選!

1ヶ月間、毎日1つずつ取り組む

無料メールセミナーです。

わかりやすい解説がついています。

登録はこちらからどうぞ↓

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

 

「旅行までに時間がない」

「30フレーズまとめて一気に見たい」

という方は、ぜひ、下記よりご登録ください↓↓

「トラベル英語これだけ30」PDFを受け取る

 

◆メルマガ「みんなで楽しく英会話」

「なるほど、そうだったのか!」

知って得する、お役立ち英語をお届けします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA