よくある間違い「今日は〜時まで営業」の英訳

こんにちは。橋本です。

 

日本人がやってしまう英語の誤りとして、

「今日は・・・」で始まる文を、

ほぼ自動的にTodayを

主語にしてしまうということが

あります。

 

たとえば、あるお店が

いつもは7時までの営業だけど、

「今日は5時まで営業します」ということを

英語で伝えようとしていたとき、

 

Today is  open  until 5:00p.m.

 

という表示をしていました。

(外国のお客様が多いお店だったんです。)

 

結論から・・・

これは英語として誤りです。

 

日本語では、多くの場合「〜は」が

主語を表すことから、

この内容も英語にするときに、

今日=todayを主語にしています。

 

Today is  open  until 5:00p.m.の

各単語に日本語にあてはめていくと、

「今日は5時までオープンしています」となるので、

日本語としてはおかしくありません。

 

ところが、これが落とし穴。

英文としてはおかしいのです。

この英文の表す内容は、

主語は「今日」という日、日付、なので、

例えば8月29日という日が午後5時まで

オープンになっているという意味になっています。

 

「今日は5時まで営業する」というときに、

オープンしているのは、お店です。

「今日という日」ではありません。

 

したがって、お店の人がこの文を

言うとするならば、主語を

私たちの店=We にして

We are open until  5:00 p.m. today.

となります。

todayはいつのことかを表す副詞なので

文末におきます。

 

第三者として言うならば、

お店を主語にして、

The store is open until  5:00 p.m. today.

となります。

 

ちなみに、「お店」についても、

日本語では、飲食店も販売店も全て

「店」と言えますが、

英語では、業態によって言葉を選びます。

カフェ  cafe

飲食店  restaurant

販売店 shop, store

 

英文を作るときのコツは

まさに、ここで言うところの

we や the storeなどの主語を考えることにあります。

 

多くのみなさんの英語が通じない原因は

これ、主語の欠落、主語と後ろの動詞が

連携していないことにあります。

 

英検対策等で、英作文の添削をしていると

この傾向が顕著です。

 

逆に言えば、これがあっていれば

たいてい通じます。

 

日本語から英文にするときは、

メッセージの中の動詞の主語(動作主)は何かを考えましょう。

 

ポイントは、

・「〜は」は必ずしも主語でない

・主語は省略されていることが多い。

省略されている主語は何かを考える。

です。

 

設定した主語が、後ろに続く動詞の動作をするかをどうか

ここがキーですよ!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語の独学の限界を感じている方へ

1回きりのレッスンでもOKです!

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓