英検二次試験面接のアドバイス

本日は、英検の二次試験(面接試験)日でした。

前日は外部講師をしている専門学校で直前ゼミを行いました。

合格のカギとして、学生のみんなに伝えていることは、

 

1 英語でコミュニケーションする姿勢を見せる

2 入室から退出、質問の順番など手順をしっかり頭にいれておく

3 過去問で練習し、答えを用意しておく

4 大きな声で話す

です。

 

2,3がないと、どんなに実力があっても、

その実力が発揮されないことがあります。

十分な準備があれば、自信をもって試験に臨むことができ、

受験者の自信は、「この人はできるな」と面接官も引っ張られます。

あと、4は意外と重要です。

 

話している内容があってればいいじゃないかと

思われるかもしれませんが、

受け答えが正しくても、小さな声では伝わりません。

声が小さいせいで、伝わらないことは日常会話でも起こります。

 

特に、英語を話すときは、自信のなさから声が小さくなりがちです。

 

「本番のときは、こんなに大きい声で話してもいいの?という位で

ちょうどいいよ」と伝えています。

 

聴きやすい声の大きさで話すのも、相手に対するホスピタリティ、

コミュニケーションへの姿勢の表れと言えるかもしれません。

学生たちの合格を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA