昼寝を英語でいうと

昼食の後はどうしても眠くなります。

 

昼食後に眠くなるのはこんな理由からだそうです。

http://www.yamato-gr.co.jp/ans/09-10/index.html#7-2  より引用

 

「人の眠気のリズムは、実は半日周期のリズムで起きていて、

1日に2回眠気の山があるのです。

その大きい山は午前2~4時で、小さい山は午後1~4時です。

このリズムと昼食が重なるために、誰でも昼食後に眠くなってしまうのです。

その上、消化のために体内の血液が胃などの消化器に集中し、

脳への血液が少なくなると共に、食べたものが消化されると血糖値が上がり、

満腹中枢が刺激を受けるため、睡眠物質が働いてしまうこともあって、

昼食後に眠くなってしまうのです。」

 

昼寝は英語で、

nap といいます。

昼寝をするは、take a nap です。

 

例えば、

I take a short nap after lunch.
(僕は昼食後に少し昼寝するんだ)

という具合に使えます。

 

昼寝は長すぎなければ体によいみたいです。

確かに、昼休みに机で15分眠るだけでも

ずいぶん体が楽になる気がします。

 

こんな記事もありました。

「1時間半の昼寝は1晩分の効果」、睡眠の新発見続々と 米国

普段はできませんが、休みの日には少しごろごろするのも

健康の秘訣かもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA