「ただいま!」「おかえり!」は英語でなんて言う?

こんにちは。橋本です。

 

今日は、家に戻ってきたときに言う

「ただいま!」のお話です。

 

英語にこの挨拶があるかと

いうと、答えは Yes and no.

 

家に戻ったときのタイミングで

いうフレーズはありますが、

日本語と全く同じ意味や使われ方ではありません。

 

家に帰ってきたとき、

玄関のドアを開けたところや、

家族のいる居間に向かいつつつ、

“I’m home.”

ということがあります。

直訳は「家にいる」です。

 

「今、家にいる状態になっています」

つまり、「外出から戻った」ことを

意味しますので、

「ただいま」にあたります。

 

ただ、これは、あいさつというより、

家のいる人の姿が見えていないとき、

“I’m home.” と言って、

帰ってきたことを知らせるている感じです。

必ずいう「あいさつ」ではありません。

 

一方、日本語の「ただいま」は、

あいさつなので、外出から戻ってきたら、

戻ってきた場所にいる人に向かって

「ただいま」といいます。

 

たとえば、会社で外出から戻ったときに、

「ただいま」と言いますが、

当然のことながら、家にいるわけではないので、

I’m home. と言えません。

 

外などから戻ったときに

I’m back. ということがあります。

こちらも直訳は

「私は戻っている状態です」ということなので、

「戻りました」を意味します。

 

このように日本語でオールマイティーなあいさつとしての

「ただいま」に相当する

英語のフレーズはないのです。

 

では、英語では、家に帰ってきて、

家にいる人に何というかというと。

“Hi!” です。

 

海外など遠方へ行っていて

しばらく離れていた人が

帰ってきた場合は、

“Welcome back!” とよく言います。

 

なので、「おかえり!」も“Hi!”

そして、その後、いつものように

How are you? (今の状態)や

How was your day?(その日の様子)

と言って、相手の調子を聞きます。

 

「ただいま」「おかえり」は

直訳しようとすると、

混乱したり、通じなくなってしまうので

注意してくださいね!

 


英語の疑問、解消しませんか?

言葉の微妙なニュアンスの違いまでお答えします!

一緒に学びましょう!

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓