「パワースポット」は英語で通じない

こんにちは。橋本です。

 

日本には神社、仏閣など

「パワースポット」がたくさんありますね。

 

海外の友人やお客さんに、

紹介したいという場面もあるかと思います。

 

ただ、みなさんのおすすめ「パワースポット」を

伝えるとき、英語で「power spot」と言っても

実は、通じません。

 

spotは、場所、地点という意味がありますが、

powerは、一般的な力をさし、

国力、体力、電力、権力という意味なので、

実質的、物理的な力のイメージです。

 

日本語での「パワースポット」とは

特定の場所にエネルギーやパワーがある、

そこを訪れることでパワーを得ることができる場所、

いわば「目に見えない力が働く場所」と考えるならば、

spiritual   「精神の、霊性の、霊的な」

という言葉で表現するのがよいかと思います。

 

完全合致する英語ではないのですが、

spiritual place/site は近いかと思います。

あるいは、

place where you can get spiritual energy 

など、補足説明が必要だと思います。

 

ちなみに、米国アリゾナ州のセドナは

パワースポットとして有名ですが、

セドナについては、

energy vortexがあると言われています。

vortexとは「渦、渦巻き」という意味で。

大地から渦巻き状にエネルギーが放出されている

イメージなのだそうです。

 

たとえば、

Many people feel inspired, recharged or

uplifted after visiting a vortex.

(多くの人がボルテックスに行ったあと、

励まされたり、元気がわいたり、

気分が高揚したりする)

 

となります。

 

パワースポットの説明の参考に

してみてください。

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン15分(3千円)から!(1日1名様限定)

↓ ↓ ↓  ↓

オンラインレッスン