映画『フロリダ・プロジェクト』

こんにちは。橋本です。

 

今日は、映画「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」の紹介です。

 

みなさんは、「フロリダ」から

何をイメージしますか?

 

美しいビーチ、リゾート、

やっぱりディズニーワールドでしょうか。

 

「プロジェクト」のイメージは?

「新規プロジェクトに参加する」など、

仕事の企画や事業という意味で使ったりしますね。

 

フロリダのニックネームはSunshine  State

太陽の光がいっぱいの州。

オレンジやグレープフルーツの産地の

イメージです。

 

本作「フロリダ・プロジェクト」の色使いも

フロリダのイメージで、カラフルで明るく、

いたずら好きの元気な子供たちが主人公です。

 

でも、彼らの置かれている状況は

決して明るいものではありません。

 

物語の舞台は、夢の国、

ディズニーワールド近くのモーテル。

かつて、ディズニーワールドに訪れる

ファミリーのために作られた

リーズナブルな宿泊施設ですが、

今では、アパートを借りられない人たちが

日払いで宿泊代を払いながら

生活をつないでいる場所になっています。

 

主人公ムーニーの母親ヘイリーは、

シングルマザーでありながら、

社会からドロップアウトしてしまって

仕事に就くことができず、

他人の敷地で安香水を売ったり、

最終的には、売春して生活費を稼ぎます。

 

悲惨な状況なのですが、

ムーニーと仲間たちは、どんなに貧しくとも、

その貧しさが理解できない

子供ならではの純真さで

自分たちの住んでいるところを

「夢の国」にして遊びます。

 

ただ、母親には虐待や暴力はありません。

ヘイリーはムーニーを心の底から愛しています。

モーテルの人たちも、

そのやんちゃぶりに困惑しながらも

子供たちを温かく見守ります。

 

かつて、ウォルト・ディズニーはオーランドに

夢の国(ディズニーワールド)を作る計画のことを

Florida Projectと呼んでいたそうです。

 

奇しくも、本作品のタイトルであり、

現在、本作の舞台となった地域は、

Magic Kingdom (魔法の王国)」

Future Land (未来の国)」など

名前だけは夢の国さながらの古びたモーテルや、

廃屋となった住宅がたくさんあります。

 

projectには、計画、企画の他に、

低所得者向けの公団住宅という意味もあります。

そういう意味でも、絶妙なタイトルです。

 

実は、モーテルの住人たちは、

逮捕歴があるなど、

projectにも入れないのですが・・・

 

端的に言えば、ディズニーワールドとその影なのですが、

ディズニーを悪として描いてはいません。

とてもフラットな目線で、現状を映し出しています。

 

フロリダ州は、米国の中でも

治安はよろしくありません・・・

高校銃乱射事件も記憶に新しいところです。

 

鮮やかな色彩で、子供たちの生命力や

住人の人情を淡々と映すことで、

浮かび上がる米国の社会問題の深刻さ。

 

子役の演技は、演技とは思えない

くらい上手いです!!

ウィレム・デフォーにも痺れます!

 

おすすめです!

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン15分(3千円)から!(1日1名様限定)

↓ ↓ ↓  ↓

オンラインレッスン