「気が散る」を英語で言うと

一つのことをしようとしても、別の事が気になって仕事が中断する。

今日は、この「気が散っている=集中できない」状態を

英語で I‘m distracted. といいます。

 

distract という英語の動詞は、

(人)の気を散らす、(心)をそらす

という意味です。

 

私は(何かによって)気をそらされているので、

受動態(受身)で、

I‘m distracted.

となるわけです。

 

集中を妨げているものを言いたいときは、

上の文の後ろにby~と続けてもいいですし、

 

集中を妨げているものを主語にして、

能動態で(文を受身にしないで)英語を作ってもいいです。

 

たとえば、

テレビの音が気になって集中できないのであれば、

I’m distracted by the sound of TV.
The sound of TV distracts me.

となります。

 

また、「気を散らせるもの」のことは、

distraction といいます。

 

たとえば、

会社から家に帰る前に、マンガ喫茶や自習室で

資格取得のための勉強されている方もいらっしゃいますが、

I can’t study at home because there are many distractions there.
(家だとたくさん気の散るものがあって、勉強できない。)

のかもしれませんね。

 

家でのdistractionとは、

TV programs,
books,
comic books,
DVDs   
などでしょうか。

 

distractは、

必ずしもネガティブな意味ではなく、

沈んだ気持ちを別のことに向けさせる→気を紛らわす

場面でも使えます。

心を別のものに向かせる」という

基本イメージを持っているとよいと思います。

 

ちなみに、TOEICなどの

選択式問題の不正解の選択肢は、

distracter (distractor) と呼ばれます。

正解の選択肢に向かう気持ちを別に向けさせるものですからね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA