映画「英国王のスピーチ」

「英国王のスピーチ」を見ました。

 

吃音に悩むジョージ6世は妻のエリザベスの薦めで、

気乗りしないままに、言語聴覚士ライオネルのところに赴く・・・

 

この作品でジョージ6世を演じたコリン・ファースは

第83回アカデミー主演男優賞を受賞しています。

言語聴覚士ライオネルは、『シャイン』『鑑定士と顔のない依頼人』の

ジェフリー・ラッシュが演じます。

 

どもる stammer

ライオネル: What was your earliest memory?
(子供の頃の最初の記憶は?)

ジョージ6世: I’m not… -here to discuss… -personal matters.
(私は、、、個人的なことを、、話しにきたわけではない)

ライオネル: Why are you here then?
(じゃあ、なぜここに?)

ジョージ6世: Because I bloody well stammer!
(どもりだからだよ!(怒))

 

speech そのままスピーチ、演説 という意味ですが、

発話、言語能力、話し方 などの意味があります。

 

ジョージ6世の吃音矯正を行ったライオネルは、

speech therapist(言語聴覚士)と名乗っています。

 

ヒトラーの率いるドイツとの開戦直前、

ジョージ6世には政治の実権はないけれど、

言葉(スピーチ)の力で国民の心をひとつにします・・・

 

たかが言葉、されど言葉。

言葉に悩み、言葉に救われる・・・

言語に携わるひとりとして、

改めて、言葉の力を感じた作品でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA