the の発音 ザ?ジ?それとも・・・

こんにちは。橋本です。

 

先日、レッスンで尋ねられた質問を

こちらでシェアしたいと思います。

 

theと発音したり、

と発音したりしますが、

いつ使い分けるかわかりません。」

というものでした。

 

まず、通常のtheの発音について、

日本語にはないthの音なので、

確認しておきます。

 

舌を上下の歯の間から軽く突き出します。

軽く上の歯につける感じです。

強く噛む必要はありません。

声を出したときに、

舌の上で空気の振動が感じられればOKです!

 

日本語にはないので、発音を

カナで表しにくいですが、

「ザ」というより「ダ」に近いです。

「ジ」の方は、「ディ」に近いです。

(理由は、舌の位置は

歯に触れるかどうかの違いだけで、

ダやディとほぼ同じだからです。)

 

なので、この記事では「ダ」「ディ」

表現します。

 

さて、本題の質問の発音の使い分けは

後に続く単語の最初の発音によります。

 

母音(a, i, u, e,o)で始まっていれば、

「ディ」になります。

子音(a, i, u, e,o以外)「ダ」になります。

 

例えば、appleaの音で始まるので、

the  apple は、「ディアポー」という感じになります。

appleはアップルというよりアポーに近いです)

 

終わりのことを、カタカナでも「ジ・エンド」

と言ったりしますね。

endeの音で始まるので、the end

「ディ エンド」と発音します。

(語尾のドは軽く発音します)

 

子音で始まる単語の方が多いので、

ほとんどのthe「ダ」と発音されます。

 

ただ、注意してください!

あくまでも使い分けは最初の発音であり、

スペルではありません。

 

例えば、

university(ユニバーシティ)uで始まっていますが、

発音はyの音「ユ」なので、

「ダ ユニバーシティ」になります。

 

euro (ユーロ)もそうですね。

eで始まっていますが、母音ではないので、

the euro 「ダ ユーロ」になります。

 

実は、この法則ネイティブスピーカーでも

知らない人います!

 

ネイティブスピーカーは、

子供のときに使い分けを自然に覚えて、

無意識に使いこなしているので、

そこに法則があることを

知らない場合があるのです。

 

ネイティブスピーカーだから

なんでも知っている、説明できるという

わけではないんですね。

 

文法や発音の法則などは、

みなさんと同じ環境で学んだ

日本人の先生に習うのが

わかりやすく、効率的だと思います!

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン15分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら