英語のサインは署名ではない?!

こんにちは。橋本です。

 

日本語で定着している「サイン=署名」ですが、

英語のsignは、動詞と名詞の使い方があり、

それぞれ意味が違います。

 

日本語になったのは、

動詞での意味の方で「署名するです。

 

たとえば、

Could you sign here, please?

「こちらにご署名ください」

と使います。

 

signは名詞の使い方もありますが、

「署名」にはなりません。

 

「署名」は、signatureになります。

海外の両替や入国審査の書類などの

署名欄にはSignatureと書かれています。

 

店員や係員に「ここに署名して」という意味で、

“Signature here.” とだけ言われることも

よくあります。

 

ちなみに丁寧な言い方はこちらです。

Could you put your signature here, please?

May I have your signature here?

 

signの名詞の意味は、

「合図、看板」です。

日本語でも、「ネオンサイン」と言ったりしますね。

 

ちなみに、写真を撮るときの「ピース」は、

人差指と中指を立ててVの形を作るので、

一般的には、

V-sign  (V サイン)、

Vvictory(ヴィクトリ; 勝利)の

頭文字ということから

V for victory signと言います。

 

V-signは平和のシンボルとして

使われることもあることから、

peace signとも呼ばれます。

ポーズをとるときの「ピース」は

ここから来ているのですね。

 

signには、他にも

兆候や星座という意味もあります。

 

ちなみに、

有名人の記念サインは、

autograph(オートグラフ)です。

 

I’ve got the singer’s autograph on my copy of his CD.

「その歌手のCDにサインしてもらった」

 

autographは動詞でも使えます。

 

The singer autographed on my copy of his CD.

としてもOKです。

 

「サイン」のまとめです。

sign(署名する、合図、表示)

signature(署名)

autograph(有名人のサイン)

正しく使い分けしましょうね!

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン15分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら