スーパーヒーロー映画「マイティー・ソー」

今日、ご紹介するのは、マーベリックのスーパーヒーローもの

「マイティ・ソー」です。

アンソニー・ホプキンス、ナタリー・ポートマンの大物が出演しています。

浅野忠信も出演しています。

 

この作品の成功で、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』とシリーズ展開され、

主人公のソーは『アベンジャーズ』にも出てくるキャラクターです。

 

ちなみに原題は「Thor」です。

「マイティー」は付いていません。

元になった英語 mighty とは、「強力な、力のある」

という意味です。

映画タイトルとして「ソー」だけだと

インパクトがないのかもしれませんね。

 

また、サイコスリラーものの「ソウ」と

発音は、いわゆる日本語の「ソ」の発音ではなく、

舌を歯で挟んで息を出して出す音「TH」の発音です。

また、後ろに「r」も入りますので、少し雰囲気が変わります。

 

浅野忠信さんは、ちょっぴりTHの音が苦手なような気がしました。

日本語にはない音なので、すぐに習得するのは難しいかもしれません。

でも、正しい口の形をとって繰り返し練習すれば、

日本人でも必ず発音できるようになります。

 

THは英語にはたくさんでてきます。

thank, thin, think, mouth, thirsty,

 

THの音が発音できるようになると、

会話のカタカナ発音から一歩抜け出せます。

Thank you! を正しく言えるようになるといいですね!

 

 

 

英語コーチのメルマガ発行しています。

登録はこちらからお願いします。

↓ ↓ ↓

メルマガ登録・解除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA