ムーディーを moodyにすると誤訳です!

こんにちは。橋本です。

 

先日、「ボリューミー」は英語ではないという

お話をしました。

「ボリューミー」は英語ではない〜TOEIC対策の話

 

今日は、「ムーディー」のお話をしたいと思います。

この話の流れで、「あ、ムーディーは英語ではないのか」 と

想像されている方もいるかもしれません。

 

ムーディー (moody)は英語にあります。

ただ、意味が全く違います!

 

日本語の「ムーディー」

「ある雰囲気にあふれているさま。

ムードのあるさま。」

という意味です。

ちょっと暗くてオトナな雰囲気の

イメージでしょうか。

 

カタカナの「ムード」は

「雰囲気」ととらえているのですが、

「雰囲気」のもつ意味の中でも

「周囲に感じさせる特別な気分」をさしています。

 

日本語の「ムーディー」「雰囲気のある」というのは、

お店でいえば、照明を少し落としてある、

落ち着いた雰囲気のデートに合うような

レストランやバーがイメージされます。

 

カタカナを使うと、何か特別なものになって

しまうというカタカナ語マジックです。

(レストランもその一つだと思います。)

 

英語の moodの意味は、

「気分」「気持ち」という意味です。

feeling に近いです。

 

例えば、

in the mood  for  —   「〜したい気分」

I am not in the mood for shopping.

(買い物したい気分ではない。)

になります。

 

「不機嫌」という意味にもなります。

in a mood   では、「機嫌が悪い」となります。

He is in a mood. と言われている人には

近づかない方がいいです(笑)

 

いい気分の時は、goodをつけなければなりません。

in a good mood   気分がいい

 

moodymoodの形容詞ですから、

mood の意味をそのまま持ちます。

moody は人に対して使うと、

「不機嫌な」annoyed, unhappy とか、

「気分が上下しやすい」temperamental

という意味になります。

moody な典型例は teenager (ティーネイジャー)

でしょうか。

 

場所や音楽などを修飾する場合は、

「悲しみや孤独を感じさせる」

という意味になります。

 

moody jazz music であれば、

情緒的な、寂しげな音楽となるので、

この組み合わせは「あり」です。

 

a moody restaurantは、

雰囲気のある素敵なレストランではなく、

「寂しげな」あるいは「(店員が)不機嫌な」レストラン

になってしまいます。

レストランやバーの形容詞として使われません。

 

ムーディーなレストランは、

デートする雰囲気があるので、

romanticを使って、

a restaurant with a romantic mood

とするとよいと思います。

 

mood の代わりにatmosphere(雰囲気)

使えます。

 

単純にいい雰囲気ということであれば、

The restaurant has a good atmosphere.

とも表現できます。

 

ムーディー=moodyとできないことを

覚えておいてくださいね!

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語の独学の限界を感じている方へ

1回きりのレッスンでもOKです!

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓