英語で正しく言える?!「どう思う?」

こんにちは。橋本です。

 

日本人が間違えやすい英語の表現に、

「どう思う?」があります。

 

「どう」はhow

「思う」はthinkだから、

How do you think?

と思った方いらっしゃいませんか?

 

残念ながら、

How do you think?  は誤りなんです!

 

正しくは、

What do you think? です。

 

英語で「思う」というとき、

think  の後ろに目的語として

that 節がおかれ、

思っている内容が、

that 以下で述べられます。

(thatはよく省略されます。)

 

たとえば、

I think that it is a good idea.

(それはいい考えだと思う)

となります。

 

ここでは「それはいい考えだ」が

think (思っている)の内容です。

 

英語において、「どう思う」は、

that以下の部分、つまり「何を」の部分を

尋ねているので What do you think? となるのです。

 

これを仮にhow に置き換えると、

howの「どう」とは、

「どのように」「どのような様子か」

を尋ねているので、

How do you think? では、

どんな様子でかんがるのか、思うのか?

例えば、元気に考える、悲しそうに考える

という答えが想定された質問になり、

意味をなしません。

 

日本語の「どう思う?」の意味とは

違っているのです。

 

これは日本語を直訳してしまうと

間違ってしまうパターンです。

 

でも、動詞をfeel (感じる)にする場合、

howを使うことができます。

How do you feel?

(どう感じていますか?)

今の気持ちを聞く質問です。

 

feelのあとにくるのは、good, bad,

など形容詞で、様子を表します。

 

I feel good.

(いい気分だ)

I feel bad.

(気分を害している、悪いと思う)

 

尋ねている内容は、

feel の補語になるので、

どのように、どんな感じを表す、

疑問詞 howを使います。

 

ただし、feelはthat節もとれるので、

What do you feel? でも正しく、

この場合は、what do you think?に近い

ニュアンスになります。

 

相手の気持ちを尋ねる場合、

答えとして何を期待するかで

質問が代わります。

 

考えを尋ねるときは、

What do you think?

 

感覚的にどう感じるか尋ねるときは

How do you feel?

 

なぜ、how do you think? と言わないか?

を説明しましたが、ややこしいなと感じた方、

英語は「習うより慣れろ」の側面も大きいです。

 

What do you think?

How do you feel?

 

何度も発音して、

口が覚えてしまうようにするのもいいですよ!


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら