映画「インビクタス/負けざる者たち」

こんにちは。橋本です。

 

ラグビーワールドカップ2019の日本開催まで1年あまり。

ラグビーを愛する方にも見ていただきたい作品です。

 

私が大好きな監督の一人、

クリント・イーストウッド監督作の

「インビクタス/負けざる者たち」を紹介します。

 

 

監督:クリント・イーストウッド

製作総指揮:モーガン・フリーマン 、ティム・ムーア

キャスト:モーガン・フリーマン、マット・デイモン他

 

主なストーリー:

1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)は、

ついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。

いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差

の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。

1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、

マンデラとチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)は、

一致団結して前進する。

 

タイトルのインビクタス (Invictus) は、

マンデラが人生の支えにした、

英国の詩人William Ernest Henleyの詩です。

 

Invictusは、ラテン語で、英語でいうと、

unconquered, unconquerable, undefeatedなど、

「打ち負かされない、屈しない、負けない」という

邦題タイトルどおりの意味です。

 

conquer 「制服する」

defeat 「打ち負かす」

 

un- が前につくと、「~ない」と否定します。

日本語で言えば、「不」や「非」のようなものです。

 

-able が後ろにつくと、「~できない」となります。

 

インビクタス (Invictus)の有名な一節です。

 

I am the master of my fate –

I am the captain of my soul.

 

「我が運命を決めるのは我なり、

我が魂を制するのは我なり」

 

獄中のマンデラ氏を支えた言葉で、

映画の中でも何度も読まれます。

 

 

クリント・イーストウッド監督の作品は

静かな情熱、強さ、人間の弱さを認める寛容さが

作品ににじみでます。

「グラントリノ」

「アメリカンスナイパー」もおすすめです。

 

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA