面倒くさいを英語で言うと

こんにちは。橋本です。

 

「面倒くさい」

とてもよく使う言葉ですよね。

 

「ご飯作るの面倒くさい。」

「うちの上司、超面倒くさくて。」

「銀行口座作るの面倒くさい。」

 

英語では、この言葉にぴったり合う単語が

一つあるわけではなく、

状況によって、様々な表現がされますが、

典型的なものを2つお伝えします。

 

私がネイティブスピーカーから

最初に教えてもらったのは、

a pain です。

 

My boss is such a pain.

「うちの上司、超面倒くさくて。」

 

painの主な意味は「痛み」ですが、

painには、肉体的な痛みだけでなく、

精神的な苦痛、苦労や骨折りといった

意味まで広がっています。

口語では、うんざりなこと、面倒なことの

意味もさします。

 

pain in the neckと言うこともあります。

in the neck の部分は

in the butt や in the ass とも言われ、

ネイティブスピーカーはよく使います。

 

ただ、buttは、日本語での「お尻」、

assは「ケツ」という感じで、

pain in the butt/assは、

相当くだけた表現になるので、

使う相手や場面に注意してください。

 

あと、hassle も使えます。

(ハッスル)と読みますが、

あの元気いっぱいの「ハッスル」とは違います。

元気いっぱいの方はhustleで綴りが違います。

(husleには他に、押し込む、せかす、

口語では詐欺や詐欺で利益を得る意味もあります)

 

hassleもやはり、面倒くさいことや煩わしいものを

意味します。

 

「銀行口座を作るのは面倒くさい。」

Opening a new bank account is a hassle.

 

ちなみに、面倒を和英辞書で引くと、

troublesome,  boresome, tiresome

などが出てきます。

これらは、かなり硬い表現になります。

 

「面倒くさい」はカジュアルに使われる

言葉なので、そのニュアンスには合わないことが

多いです。

 

「面倒くさい」 a pian, a hassle

使ってみてくださいね〜。

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓