超ポジティブな男の実話「127時間」

映画「127時間」の紹介です。

 

「127時間」予告編(原題:127 Hours)

主演:ジェームズ・フランコ

監督:ダニー・ボイル

ストーリー:
登山家アーロン・ラルストンが体験した実話。

アーロン(フランコ)は一人でユタの渓谷へ

ロッククライミングに行くが、谷間で落下、

右手を岩に挟まれて、5日間、身動きが取れなくなる。

必死に脱出をはかるアーロン。

 

彼の下した決断は壮絶ですが、

鑑賞後はとてもさわやかです。

 

ダニー・ボイル監督作品は、

映像と音楽のセンスがもろ好みで、

作品全体に流れる疾走感が好きです。

 

冒頭から心わしづかみです。

期待通りでした。

 

この気持ちを英語で言ってみると、

The movie “127 Hours” was as good as I had expected.

 

as 形容詞 as ~

~と同じくらい(形容詞)である。

 

expect
「期待する、想定する」

It’s just as I expected.

でもよいと思います。

 

逆に、期待外れだった場合は、

disappointing です。

The movie was disappointing.

 

ダニー・ボイル監督の作品のおすすめは、

アカデミー賞受賞の「スラムドッグミリオネア」

(原題:Slumdog Millionaire)

 

ダニー・ボイル監督と言えば、やっぱりこれ!

続編が昨年公開されています。

「トレインスポッティング」

(原題:Trainspotting)

 

個人的にかなり好き「普通じゃない」

この映画でordinary とlessの使い方を覚えてました。

(原題:A life less ordinary)

 

 

 

英語コーチのメルマガ発行しています。

登録はこちらからお願いします。

↓ ↓ ↓

メルマガ登録・解除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA