バタフライ・エフェクト

こんにちは。橋本です。

 

私はバタフライエフェクトbutterfly effectという言葉を

この映画を見て知りました。

 

バタフライ効果(butterfly effect)とは、

通常なら無視してしまうような

極めて小さな差が、やがては無視できない

大きな差となる現象のことを言います。

 

たとえていうならば、ある場所での蝶の羽ばたきが、

そこから離れた場所の将来の天候に

影響を及ぼすという考えです。

 

私はバタフライエフェクトってあるんじゃないかな

と思っています。

 

とりに足りない小さな行為でも、

それがよいことであっても、

悪いことであっても、自分の知り得ない場所や

将来に影響を及ぼす。

だから、一瞬一瞬をできるだけ大切にしたい。

 

映画「バタフライ・エフェクト」(原題:The Butterfly Effect)

キャスト:アシュトン・カッチャー

監督:エリック・ブレス 、J・マッキー・グルーバー

 

ストーリー:

主人公の青年(アシュトン・カッチャー)は

過去に戻って、別の行動をとることにより

現在、未来の出来事を変えることができる。

現在の不幸を防ぐため、過去にさかのぼって

修正を図るのだが、思わぬ不幸に襲われる。

 

主人公は、子供の頃から、一時的に記憶を失うという

症状があります。

 

black out
〔一時的に〕記憶を失う、気を失う、失神する

名詞でblackout になります。

他に、「停電」の意味にもなります。

真っ暗(black)になって、なくなる(out)になる

イメージでしょうか。

 

memory loss
記憶喪失、物忘れ

temporary memory lossで、

一時的な記憶喪失」となります。

ファイディング・ニモのドリーは

短期記憶障害だと言っています。

I suffer from  short-term memory loss.

 

 

本作の評判の高さは知っていたのですが、

ホラー的なパッケージに、

ホラーが苦手は私は、敬遠しておりました。

 

見てみると評判通り、面白かったです。

「愛」がテーマのサイコスリラーでした。

 

人間の脳や記憶に関する話は大好きです。

 

記憶に関する映画は、他にもこんな作品があります。

「エターナル・サンシャイン」

 

「メメント」

 

 

英語コーチのメルマガ発行しています。

登録はこちらからお願いします。

↓ ↓ ↓

メルマガ登録・解除

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA