社員教育は employee education?!

こんにちは。橋本です。

 

レッスンをしていて、

会社の社員教育のお話を

うかがうことがあります。

 

社員教育として英語のレッスンを

受け持たせていただくこともあります。

 

その社員教育なのですが、

そのまま英語にして

employee education

とおっしゃる方が多いのですが、

実際の内容を考えると

英語として適切な表現ではないことが多く、

ともすれば、意図していない内容

が伝わってしまうこともあると思います。

 

英語のeducation

「学校教育」をさしますので、

employee educationとすると、

学校で受ける教育を

従業員に行う印象になります。

もちろん、そういう趣旨ならば

educationを使います。

 

一般に「社員教育」という場合、

社員がその会社で必要な知識や

スキルを教えることなので、

英語ではtrainingという単語が会います。

研修と訳されることも多いですね。

 

日本語のトレーニングの印象があるので

軽く感じるかもしれませんが、

英語では問題ありません。

 

例えば、このように使います。

a new employee training program

新入社員教育プログラム

 

The company provides excellent employee training.

その会社はすばらしい社員教育を行っている

 

I had a training session yesterday.

昨日研修をうけた

 

また、trainingを受ける時の動詞は、

do, get, have, receive

 

trainingを行う時の動詞

give, provide

を使います。

 

「社員教育」の英訳には

注意してくださいね!

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓