英検準2級 二次面接試験 No.2で使うべき動詞

こんにちは。橋本です。

 

今日は英検準2級の二次試験、

面接試験について書きたいと思います。

 

英検準2級の問題には、

イラストに書かれている人たちが

何をしているかを

英語で描写するという問題があります。

二次試験合格のためには、

この絵の描写をできるようになることが

重要です。

 

受験者が意外と戸惑ったり、間違っている描写に、

「〜を持って運んでいる」様子の描写があります。

 

模範回答は、(持っている人が男性であれば)

A man is carrying a chair.

となります。

 

carry (運ぶ)が思いつかない場合は、

別のものを考えます。

絵にあった描写であれば

模範回答でなくても構いませんからね。

 

「男性が椅子を運んでいる」様子は、

「男性が椅子を持っている」とも言えるので、

hold「握る、持つ」を使って

A man holding a chair. ならばOKです。

 

では、I have a chair.はどうか?

haveは自分の意思に関わらず

自然に持っている状態で、

持つことに努力や労力が感じさせません。

 

一方、holdは自分から「持とう」と思って、

持っている、持つことに努力や労力が感じられる

動作です。

 

椅子を持ち上げている状態は、

労力をかけています。

 

なので、ここではholdを現在進行にした、

A man is holding a chair.

がより適切な描写ということになります。

 

(もちろん、実生活においては、

どちらも使えるシチュエーションがあります。)

 

よくあるのが、

A man is having a chair. 

なのですが、

これはその絵の描写としては誤りです!

 

まず、haveは「持っている」という意味がありますが、

状態を表す動詞で進行時制にしません。

 

haveには「食べる」という意味もあり、

「食べる」は動作なので進行時制にすることが

できます。

 

なので、A man is having a chair. では

「男性が椅子を食べている」という意味に

なってしまいます。

ありえない状況ですね(笑)

 

《まとめ》

日本語で「持っている」というとき、

haveは労力を使わず持っているときに使う。

進行時制にしない。

・「 運んでいる」なら、be carryingを使う。

・「握っている、抱えている」ならbe holding を使う。

 

準2級二次試験を控えている方の参考になれば

幸いです。

 

関連記事:こちらもどうぞ↓ ↓

英検二次試験面接のアドバイス

 

英検にターゲットを絞ったレッスンもやっています!

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓