24時制

こんにちは。橋本です。

 

日本では広く使われている24時制。

「じゃ、18時に待ち合わせね」と言って、

「それって何時?」と聞かれることは

稀だと思います。

 

アメリカでは通常12時制を使っており、

24時間表示で言われると戸惑う人が結構います。

 

昔、米国のコメディドラマ『フレンズ』の中で

こんなシーンがありました。

 

Monica: … I need you at the rehearsal dinner tonight at 1800 hours.
(今夜のリハーサルディナーには18時に来てね)

Phoebe: Uh-uh. Ok. What time is that.
(それって何時?)

Monica: You don’t know military time?
ミリタリータイムを知らないの?)

Phoebe: Why, I must have been in missile training the day they taught that.
(それを教えているときは、私、ミサイル訓練を受けてたに違いないわ)

Monica: Just subtract twelve.
(単純に12を引けばいいのよ)

Phoebe: Ok, so… 1800 minus twelve is… one thousand, seven hundred and…
(わかった、1800から12引いて… 1700…)

Monica: (screaming) Six o’clock!
(あーー、6時よ!)

Phoebe: Ok
(わかった。)

 

米国では、12時間表示でコミュニケーションを

とることが一般的なので、24時制について、

このようにジョークのネタになるのです。

 

英語のサイトでは、

24時間表示早見表のサイトもあります。

Military Time Chart – About The 24 Hour Clock

 

フレンズのスクリプトや早見表のサイトにもあるように、

24時制は、24-hour clock,

特に米国ではmilitary time と呼ばれています。

時間の表示に昼と夜の曖昧さが許されない軍隊(military)が

使っているのでそう呼ばれています。

 

米国でも、同様に厳密な時間管理が必要な、

行政、交通機関、病院、気象、宇宙関連、

コンピューター等の世界では24時制が使われています。

 

18:00は、eighteen hundred hours と言っています。

このスクリプトの後に計算方法についての会話が

なされ、もう一つのフィービーのボケにつながっていきます。

 

 

英語コーチのメルマガ発行しています。

登録はこちらからお願いします。

↓ ↓ ↓

メルマガ登録・解除

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA