「スタッフ」という言葉について

こんにちは。橋本です。

 

今日は、日本語でも定着している

「staff(スタッフ)」という言葉に

ついてお話したいと思います。

 

「私はスタッフです」というとき、

I am a staff. とするのは誤りです。

 

どこが誤りかというと、

a staff の部分です。

 

staffは、

ある組織で働く人、職員の集合体を指します。

担当者個人をさしてはいないため、

I am a staff.  では誤りなのです。

 

一人のスタッフと言うときは、

a staff member あるいは、

a member of the staff

と言います。

 

I am a staff member of the organization.

私はその組織のスタッフだ

となります。

 

同様に、

「その会社はスタッフが50人いる」というとき、

The company has 50 staffs.

は誤りです。

 

50人のスタッフというときには、

fifty staff members あるいは、

a staff of fifty とします。

 

The company has a staff of 50.

(その会社はスタッフが50人いる)

となります。

 

あと、staffstuff とスペル・発音が似ている

ので注意しましょう!

 

stuffは、漠然とした物、事を表します。

thingと同じ意味で使いますが、

stuffは数えられない名詞です。

 

発音は似ているとはいえ、確実に違います。

staffa[æ]で口を大きく開けてアーと出す音。

stuffu[ʌ]で口を軽く開けて喉の奥で出すアの音。

 

ただ、カタカナにするとどちらも「スタッフ」に

なってしまいますので

リスニングでは識別が難しいかもしれません。

 

ネイティブはstuff という単語をよく使うのですが、

staffだと思っていると、話が理解できません(笑)

 

正確に聞き分けができなくても、

「スタッフ」と聞こえた時、

「もの」の可能性があることを

覚えておくとよいと思います!

 

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓