present は面白い

presentは面白い言葉です。

 

presentというと、

誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなど、

「贈り物」をイメージされるかもしれませんが、

他に、名詞で「今、現在」という意味があります。

 

たとえば、「現在時制」は present tense

と言います。

 

このpresentをうまく使った言い回しが、

「カンフー・パンダ」で使われていたので、

紹介いたします。

 

「僕なんて、史上最低なのさ・・・」と

くさって、桃のやけ食いをしているポー(パンダ)に、

ヨーダのようなウーグウェイ導師(ゾウガメ)が

こう言います。

 

“Yesterday is history,

tomorrow is a mystery,

but today is a gift.

That is why it is called the present. ”

 

韻が踏まれており、英語ならではの表現です。

 

この言葉の意味は、

「昨日は過ぎたこと、明日はよくわからぬが、今日は贈り物。
だから、「今日」はプレゼントと呼ばれるのだよ。」

元々は、米国の作家Alice Morse Earleという人の引用だそうです。

 

このpresntという単語は面白くて、他にも色々な意味があります。

 

形容詞で、「出席して、居合わせて」

I’ll be present at the meeting.
(その会議に出席します)

The father was present at his son’s birth.
(父親は息子の出産に立ち会った)

 

動詞で、「贈る、贈呈する、進呈する」

賞などを贈呈する人のことを -er をつけて、
presenter (プレゼンター)と言いますね。

 

また、「示す、提示する」という意味もあります。

プレゼンテーション(presentation)は、

presentの名詞形です。

プレゼンは、商品を詳しく「示す」ことですよね。

ちなみに、英語では「プレゼン」と短くすることはありません。

「プレゼン」では通じませんので、

必ずpresentationと言ってくださいね。

 

 

 

英語コーチのメルマガ発行しています。

登録はこちらからお願いします。

↓ ↓ ↓

メルマガ登録・解除

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA