マフィアがうつ病に?!『アナライズ・ミー』

1999年のこんな映画を見ました。

「アナライズ・ミー」
(原題:Analyze this)

 

ノイローゼになったマフィアのボスと

強引に彼の主治医にされた精神科医の

おかしな関係を描いたコメディ。

 

監督:ハロルド・ライミス

出演:ロバート・デ・ニーロ、
ビリー・クリスタル、リサ・クードロー他

 

ロバート・デ・ニーロといえば、

タクシー・ドライバーやゴッド・ファーザーIIなど、

渋い役柄のイメージがあります。

この作品でも、マフィアのボスを演じるものの、

ストレス、心の病に悩む主人公を面白おかしく

演じています。

 

ビリー・クリスタルが演じる

意に反して巻き込まれていく精神科医も面白いです。

 

タイトルにある、

analyze 「分析する」という意味です。

原題は、analyze thisで、

「これを分析せよ」ですが、

邦題は目的語が「ミー」=me (私)になっています。

マフィアのボスが自分のことを分析しろ

とボスが自分にフォーカスした

タイトルになっています。

 

ちなみに、続編はの原題はAnalyze Thatで、

邦題はアナライズ・ユーで、

this とthat、meとyouで対になっています。

 

人の心を分析する「精神科医」

psychiatrist といいます。

口語でshrink と言ったりします。

 

マフィアのボスが体調不良で病院に運ばれて

診断されるのが、

anxiety disorder「不安障害」です。

anxiety は そのまま「不安」という意味で、

anxious は形容詞で「心配で、不安な」になります。)

パニック障害は、panic disorder といいます。

 

ゴッドファーザーのドン・コルレオーネ

(マーロンブランド)が、

襲撃される再現シーンがあって笑えます。

なんてったって、ゴッドファーザーでは

マーロンブランドの若いときが

ロバートデニーロですからね(笑)

 

 

英語コーチのメルマガ発行しています。

登録はこちらからお願いします。

↓ ↓ ↓

メルマガ登録・解除

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA