Netflix 映画『アイリッシュマン』

こんにちは。橋本です。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

今日は、休み中に見た映画を紹介します。

 

Netflix配給の映画『アイリッシュマン』です。

 

昨年の「ROMA」に続いて、

Netflix作品のアカデミー賞受賞の呼び声も高くなっています。

ROMAもすごくよかったです ↓ ↓

Netflixで『ROMA ローマ』を観る

 

監督マーティン・スコセッシ、

出演ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、

ジョー・ペシのマフィア映画ときたら、

見ない選択はありません。

 

マーティン・スコセッシは、

マフィアの実録を撮ってきた人ですが、

マフィアの暴力、仁義と裏切り、後悔、信仰

を描いた映画の集大成と言える作品だと思います。

 

タイトルの”The Irish”はアイルランド人という意味ですが、

これはこの作品の語り手であり、主人公の

フランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)

のことを指しています。

 

マフィアになれるのはシチリア出身だけなので、

アイルランド人であるフランクは、

マフィアのラッセル・バッファリーノに(ジョー・ペシ)

の信頼を得て、彼の下働きとして、

殺人や恐喝などを行っていました。

 

“I Heard You Paint Houses” という本をベースに

しており、作品タイトルにも出てきますし、

アル・パチーノ演じるジミー・ホッファが

フランクにこのセリフを言います。

 

「君は家の塗装(の仕事)をやっていると聞いた」

という意味ですが、

「ペンキではなく何で家の壁が塗られるのか」が

フランクの仕事の隠喩です。

(これは映像を見るとわかります)

 

ケネディーの大統領就任、

キューバ危機、ウォーターゲート事件など

当時の米国の情勢についてサラッとでも

知識を入れておくと楽しめると思います。

逆にそれがないとよくわからないかもしれません。

 

ちなみに、ジミー・ホッファは

全米トラック運転組合委員長であり、

最も大統領に近い男として目されていました。

 

驚きなのが、監督を始め、

主要な3人の俳優の年齢は80歳近く。

その彼らが自分で30代から演じています。

 

これを可能にしたのが

de-agingというCGI技術だそうです。

 

aging は、「年をとること、加齢」で、

アンチエイジング(anti-aging; 抗老化) で聞いたことが

あると思います。

de-  「下に, down」という意味があるので、

de-agingで「年齢を下げる、若返り」

という意味になります。

 

この技術があると、

俳優さんたちは、引退できずに

たくさん働かされてしまいますね(笑)

 

正直、3時間20分の上映時間は長いのですが、

Netflixはストリーミングなので

自分で休憩が入れられます(笑)

 

ぜひ見てみてください!

 

◆映画で英語の勉強しませんか?
まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓