英語の「痛み」4つの単語で使い分け!?

こんにちは。橋本です。

 

今日は英語での「痛み」のお話をします。

 

英語では「痛さ」の種類によって

語句を使い分けています。

 

主なものはこの4つです。

pain (最も一般的な痛みを表す語)

ache (長く続く鈍痛)

hurt (外部作用で起きた痛み)

sore (炎症等で腫れた痛み)

 

1 pain

「痛み」を表す最も一般的な単語です。

まずはこれを覚えましょう!

 

漠然とした痛み、局所的な痛み

両方に使えます。

 

I have a papin in +体の部位.
(〜に痛みがある→〜が痛い)

例えば、
I have a pain in my foot.
(足に痛みがある)

一緒に使う形容詞で痛みの種類や強さを
表します。

a sharp pain
(鋭い痛み)

a dull pain
(鈍痛)

a chronic pain
(慢性的な痛み)

 

動詞でも使われます。

My back pains.
(背中が痛い。)

 

痛み止めは、painkillerです。
まさに痛みを殺すものですものね。

 

pain精神的な痛みにも使えます。

He got over the pain of losing his father.
(彼は父親を亡くした痛みを乗り越えた。)

 

painには、口語で、厄介なこと、人、面倒なこと
という意味もあります。

You’re pain! は「お前にはうんざりだ!」

という意味です。

 

2 ache

「エイク」と読みます。

ache の痛み は、

体の部位に感じる長く続く痛み、

断続的な鈍い痛みです。

いわゆる「疼く」感じです。

 

こちらは、headache(頭痛)で聞いたことが
ある方もいるかもしれませんね。

head(頭)+ache(痛み)=headache(頭痛)

です。

 

その他にも体の部位と組み合わせて、

stomachache 腹痛

stomachは胃ですが、
胃だけでなく、腹痛全般に使われます。

backache   腰痛

toothache  歯痛

などがあります。

 

ちなみに、heartacheは、

心臓の痛みではなく、

「心痛」を表します。

 

PoliceのEvery Step You Takeの歌詞に

”How my poor heart aches
With every step you take”

「君が歩くたびに僕のちっぽけな心は

どんなに痛むことか」

とあります。

このacheは動詞で使われています。

↓ ↓ ↓ (上記歌詞は0:56あたりに出てきます)

 

3 hurt

hurtは動詞です。

外部から衝撃を受けて生じた痛みについて

使われます。

(もともと「怪我をする(させる)」

という意味があります。)

 

My left foot hurts.
(左足が痛い)

痛む箇所が主語になることに注意しましょう!

I hurt my left foot. とすると
「私は足を怪我した」となってしまいます。

 

こんな感じでよく使います。

“Does it hurt?” 「痛い?」

 

(痛めたところを触られて)

“That hurts!”「それ痛いです!」

 

hurtも精神的な痛みにも使われます。

 

4  sore

soreは、傷や炎症などで、

「ズキズキ、ひりひりした痛み」

表現する形容詞です。

 

よく使うのは、

a sore throat     喉の痛み

a sore eye         目の痛み

a sore muscle   筋肉痛

です。

こちらも painと同じく、動詞haveを使って、

I have a sore throat.  喉が痛い

という具合に使います。

 

いかがでしたでしょうか?

 

pain (一般てきな痛み)

ache (ドーン続く痛み

hurt (ケガの痛み)

sore (ズキズキ、ヒリヒリ炎症の痛み)

 

この4つを覚えておけば

病院に行ってもバッチリですよ!

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓