もったいないの英語表現

日本語の「もったいない」の英訳は mottainaiです。

「もったいない」に該当する英語表現がないのです。

古くからある日本のものに対する考え方を

環境に対する新しい概念として広めたのは

ケニヤのノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイさんでした。

 

「(使えるものを無駄にして)もったいない」という時、

英語の表現として、

(It’s) wasteful.

What a waste. と言ったりします。

 

マータイさんが、「もったいない」に注目したのは、

この言葉には、単に、wasteful という意味だけでなく、

reduce, reuse, recycle

「(消費を)減らす再利用する再生利用する

というコンセプトに合致し、加えて、この「もったいない」

という言葉は、物に対する respect 「敬意の念」

あるということにあります。

マータイさんは、他の言語で、これらの全てを含んだ言葉が

見つからなかったことから、mottainai として

世界に広めました。

 

マータイさんのインタビューです↓

 

私が協会職員として働いていた2005年の愛知万博にも

マータイさんは何度か来られており、

食堂で何度かお見かけしました・・・

2011年に永眠されましたので、お会いすることはできないのですが、

もう一度お目にかかりたいと思う方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA