第92回アカデミー賞見ました!

こんにちは。橋本です。

 

今日は英語の話からずれますが、

大好きな映画の話題です。

 

昨日2月10日は、第92回米国アカデミー賞授賞式。

私にとっては年に一度のお祭り!

 

受賞結果をすぐに見たいというのもありますが、

旬なアーティストがパフォーマンスする

エンターテインメントと

各プレゼンターと受賞者のスピーチを

聞くのを楽しみにしています。

 

ネット環境あれば見られるということで、

1ヶ月だけparavi wowowに加入

リアルタイムで見ました。

(来月忘れずに解約しないと!笑)

 

今回は、授賞式の前に

何本かノミネート作品が

見れていました。

 

Netflixは映画の見方を変えますね。

既存の映画会社からは嫌われているようですが。

 

今年のNetflixからのノミネートは

「アイリッシュマン」(The Irishman)

Netflix 映画『アイリッシュマン』

「マリッジ・ストーリー」(Marriage Story)

「二人の教皇」(The Two Popes)

その他長編ドキュメンタリー作品があります。

 

予算も潤沢に使えて、

作品も優秀なんですよね。

上記の3作品はどれも本当によかったです。

 

劇場でしか味わえない臨場感があります。

なるべく劇場で見るようにしていますが、

スキマ時間に良作、しかも最新作が見られるというのは

やっぱり魅了的。

映画のマーケットを広げるとなると

Netflix抜きに映画の将来は考えられないでしょうね。

 

今回の話題は、

なんといっても韓国映画の「パラサイト」

長編国際映画賞のみならず、

主要部門である作品賞、監督賞、脚本賞を制覇。

 

英語以外の言語の作品が作品賞を受賞したのは

アカデミー賞史上初めてのことです。

 

吹替えが主流の米国で

字幕という壁を超えてヒットしました。

米国も変わってきましたね。

 

今年は、全体的に良作が多く、

ノミネート者を見ると

誰がとってもおかしくない顔ぶれでした。

 

主演男優賞のホアキン・フェニックスの

ジョーカーはゾワゾワする圧巻の演技で文句なし。

映画『ジョーカー』(Joker)

 

スピーチの最後に、23歳で急逝した

兄のリバー・フェニックスの言葉に

触れてじわっときました。

 

助演男優賞は、

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

(原題:Once Upon a Time in Hollywood) の

ブラッド・ピット。落ちぶれ俳優のドライバー兼相談相手の

スタントマン。ブラッドはやっぱりカッコいい。

 

助演女優賞は、

ローラ・ダーン。すごく好きな女優さん。

(スターウォーズー最後のジェダイで、宇宙船に残る司令官役)

「マリッジ・ストーリー」の敏腕弁護士役はハマってました。

彼女ってインタビュー見てると、聡明であったかい人なんです。

それが演技にも出ている気がします。

 

主演女優賞は、

「ジュディー虹の彼方に」のレネー・ゼルウィガー!

 

虹の彼方に副題は、主人公のJudy Garlandが歌った

オズの魔法使いの名曲 “Over the Rainbow”から

 

この映画は絶対見ます!

Judy Garlandが好きなんですよね。

類稀なる歌唱力。

日本でいうと美空ひばりみたいな人。

まさに米国のアイコンだった人が、

悲劇的な最期を迎えていたことは知りませんでしたが、

Judyに乗り移ったかのような

レネーの熱唱(自分で歌っている)

を早く見たいです。

 

Netflix 映画『アイリッシュマン』

 

映画『ジョーカー』(Joker)

 

◆映画で英語の勉強しませんか?
まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓