元気でピンピンしてるよ!を英語で言うと

こんにちは。橋本です。

 

今日は 「元気でピンピンしてるよ!」

を表すas fit as a fiddleという

表現を紹介します。

(asは省略可能です。)

 

fitについて、日本語のフィットは、

「体にフィットする服」

「机がそのスペースにフィットする」など

人間の体や物のサイズがぴったり合うこと、

洋服などが体にぴったり合うことを

さします。

 

英語のfitも同じく、

大きさが合うことも指しますが、

目的や用途に合う、適合することにも

使います。

 

そして、「元気な」「体調のよい」「健康な」

という意味もあります。

fitnessは、fitの名詞形で、

「健康、体調が良好なこと」です。

 

なので、フィットネスジムは

健康のために行くジムであり、

ジムのことをhealth clubという語も

同じ発想です。

 

as 形容詞+as +A

の形をとっていますので、

(同格の比較級ですね)

「Aと同じくらい〜だ」

「Aみたいに〜だ」となります。

 

ここで使われているfiddleは

バイオリンのことで、

アイルランド音楽、

カントリー・ミュージックなど

民俗音楽で使われるものも

特に指します。

 

as fit as a fiddle直訳すると、

「バイオリンみたいに元気」

 

なぜそう言われるようになったか、

はっきりとはわかっていませんが、

 

一説には、バイオリンは、

弦の張りをきちんと整えて

メンテナンスしておかなければならないことから、

「体に対してメンテナンスされている=健康」

のたとえとして使われるようになった・・・

と聞いたことがあります。

 

確かに。日本語でも弦は「ピンと」貼っているといい、

元気なことを「ピンピンしている」と言いますので

根っこにある感覚は英語と日本語で

似ているものがあるかもしれません。

 

あと、fitfiddleは頭の音が fi で揃っているので

音として語呂がよいというのもあります。

 

あるとき、米国の女性シンガーが

インタビューで旦那さんのことをきかれて。

He is  fit as fiddle. 

と答えていたのを聞いて、

「本当に使うんだ!!」

と感激しました!

 

面白い表現ですよね!

みなさんも、ぜひ一度使ってみてください

 


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓