ネイティブは使わないゴーサイン!?

こんにちは。橋本です。

 

「部長からまだゴーサインがなくて、

出張手配が進めらなくて・・・」

 

「昨日、新規プロジェクトのゴーサインが出た。」

 

物事の進行の「許可」を表す指示を表す

「ゴーサイン」は、ビジネスの会話でよく使われます。

 

ところが、ネイティブスピーカーは、上記の意味で

ゴーサイン(go sign) という言葉を使いません。

(goと書いた標識や看板をさすことはあります)

 

英語の「ゴーサインを出す」にあたるフレーズは、

“Give the go-ahead” です。

 

go-aheadは名詞ですが、動詞の go ahead が元になっています。

 

aheadは「前へ」「前に」という意味。

go aheadは、文字通り「前に進む」という意味ですが、

様々な場面で使われます。

 

人を先に行かせる時に、Go ahead. 「お先にどうぞ」

After you. と同義です。

 

行動を促すとき、先に進めてほしいとき、

Go ahead. (さあ、やってください)

 

許可を求められたとき

Can I use this chair?   「この椅子使ってもいいですか?」

– Sure. Go ahead. 「どうぞ。」

 

the go-aheadとはgo aheadの言葉(許可)というイメージですね。

 

“My boss gave me the go-ahead to start the next project.” 

(上司から次のプロジェクト開始の許可をもらった。)

 

“I got the go-ahead last night.”

(昨晩許可をもらった)

 

the go- ahead の代わりにthe green lightも使われます。

 

the green light は青信号という意味ですが、

信号が青になったら、前に進みますから、

give the green light にも、やはり「前に進む」という意味が

根底にあります。

 

*青信号は blue lightと言いません。

英語では実際の色でgreen lightと言っています。

 

ゴーサインとは、前に進むこと。

英語では the go-ahead, the green light ということに

なるのです!

 


 

前から思っていた英語の疑問、解消します。

言葉の微妙なニュアンスの違いまで教えます。

一緒に学びませんか?

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓