walkとwork の発音の区別どうすればいい?

こんにちは。橋本です。

 

今日は、レッスンでよくお聞きするお悩み、

walkworkの発音の区別について

お話ししたいと思います。

 

二つの発音を区別するために、

 

walk = ウォーク

work = ワーク

 

としている方がいらっしゃいますが、

これらの音は正しくありません。

 

この音で発音していると

通じにくいばかりか。

聞き分けもできないままに

なってしまいます。

 

まず、2つの語の

発音の違いを説明します。

 

walkwork

最初とwと最後のkは同じなので、

真ん中の母音の部分の発音で

区別されます。

 

walkは、

「オ」を長く伸ばす感じです。

この「オ」は口を縦に開いて、

喉の奥から強く長くいいます。

 

「口をしっかり開ける」

ポイントです!

 

一方、workは、

口の形は特に作らずに、

口はゆるくあけたままで、

声を出して(脱力の母音)伸ばし、

最後に r の発音をします。

 

r は舌を後ろの方にもっていき、

舌はどこにもつけずに出す音です。

舌の根元に一瞬力を入れます

 

うまくできない人は、

r の音が弱く、

あいまいな「オ」の音になるので、

walkに近い音になっています。

workのポイントは、

r の音を出すことです!

 

多くの日本人にとって

苦手意識の高い r の発音ですが、

繰り返し練習していけば

必ずできるようになるので、

根気よく練習しましょう。

 

自分が正しい発音できるようになると

聞き分けもできるようになってきます。

 

聞き分けができないという方は、

まず発音を練習して、

自分の声で正しい音を発して、

自分の耳に定着させていきましょう!

 

r の音を一番身近で聞くことができるのは

自分の発音ですからね!

 


発音の悩み、解消しませんか?

マンツーマンで必ず身につきます!

 

1回きりのレッスンでもOKです!

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓