スパイク・リー監督によるマイケル・ジャクソン のPV “They Don’t Care About Us”

こんにちは。橋本です。

 

8月29日、故マイケルジャクソンの誕生日に、

スパイク・リー監督が自身が監督した

“They Don’t Care About Us” の新たなPVを

2020年バージョンで発表しました。

 

改めて見たのですが、ものすごく迫力のある

曲と映像です。

 

1995年当時、この曲のPVは、刑務所で撮影されたバージョンと

ブラジルで撮影されたバージョンがあり、

今回、この2つを組み合わせ、さらに

最近のBlack Lives Matterの抗議活動の映像も

盛り込まれています。

 

Michael Jackson – They Don’t Care About Us (2020)

スパイク・リー監督、独特の色使いや躍動感が

かっこいいです。

Do the Right Thingを彷彿させます!

 

タイトルのThey Don’t Care About Us とは、

「彼らは私たちのことに関心がない、

どうでもいいんだ」という意味です。

 

care about  —   

〜のことを気にかける、大切に思う

 

theyは、政府や警察などの権力者たち、

そして、一般の人全般もさしていると思われます。

 

歌の中でリフレインされる

“All I want to  say is that they don’t really care about us”

(俺が言いたいのは、彼らは俺たちのことなんか

関心がないってことだ)

 

All I want to say that —-   ただ〜と言いたいだけだ。

 

黒人であるマイケルが歌っていますので

まさに、Black Lives Matter

黒人差別への抗議のメッセージがこもっています。

 

Black Lives Matterについて、こちらもお読みください。

matter の意味 (Black Lives Matter より)

 

マイケルが亡くなる2日前のリハーサル時に

歌われたThey Don’t Care About Usが

This Is It (2009)に収録されています。

久しぶりにもう一度見てみようかな・・・

アマゾンプライムで見れます

↓ ↓ ↓

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓