「予約」を表す表現 reservation, booking, appointmentの違い

こんにちは。橋本です。

 

今日は「予約」を表す英語の

お話をしたいと思います。

 

「予約」というと、

多くの方が一番に思い浮かべるのは

reservation ではないでしょうか?

 

Google翻訳でも

まずreservationがでてきます(笑)

 

動詞 reserve(予約する)の

名詞形です。

 

reserveのコアにある意味は

「とっておく、使わずに残す、保存する」

という意味です。

 

席を「予約する」とは、

席を「使わずにとっておく」ことですよね!

 

I have a reservation for a single room tonight.

(今夜、シングルの部屋を予約しています。)

 

I’d like to reserve a table for two. 

(テーブル席2人の予約をお願いします。)

 

I’d like to make a reservation for tomorrow.

(明日の予約をしたいのですが)

 

また、「予約」の別の表現に、

bookingがあります。

 

一般に約束を二重にしてしまう「ダブルブッキング」、

航空会社が座席数以上に予約を受け付ける

「オーバーブッキング」を聞いたことがある方も

多いのではないでしょうか。

 

bookは「本」という意味だけではなく、

動詞で「予約する」という意味があり、

他に「記入する、記帳する」という意味もあります。

 

レストランで予約を受けた店員は、

予約者の名前を予約リストに記入しますね。

これが book=予約するのイメージです。

 

I booked a seat on the train.

(電車の席の予約をした)

 

I made booking for a flight ticket to India.

(インド行きの航空券の予約をした)

 

このように、reserveとbookでは、

それぞれが持つコアの意味は異なりますが、

「予約する」という意味では

同様に使われていて、

厳密な使い分けはありません。

 

ホテル、レストラン、飛行機、電車などの予約に

どちらも使われています。

 

一方、歯医者や医療機関の予約は、

別の単語、appointmentを使わなければなりません。

 

日本語でもappointmentの最初の部分だけをとって

「アポを取る」と言ったりしますね。

 

動詞 appointの意味は「任命する、指名する」です。

なので、appointmentの予約は、

「ある人を指名して、その人と会う約束」

というイメージです。

 

なので、appointmentは、

歯医者や医療機関、弁護士等、

ある特定の人と会う「予約」に使われます。

 

I have an appointment with Dr. Smith at 3:00p.m.

(3時からスミス先生の予約をしています)

 

I made a doctor’s appointment today.

(今日、病院の予約をした)

 

I couldn’t get a dentist appointment tomorrow.

(明日、歯医者の予約がとれなかった。)

 

「予約」を表す英語

reservation, booking, appointment

ご理解いただけたでしょうか?

 

reservation/booking とappointment、

状況に合わせて使い分けてくださいね。

 

こちらも合わせてお読みください

海外旅行で使えるフレーズ 「予約しています」

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語の習得の最速はマンツーマンレッスンです。

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓