「参加する」〜join, attend, participate, take part in の使い分け

こんにちは。橋本です。

 

「参加する」には、

join, attend, participate, take part in  など

いくつかの英語表現があります。

 

今日はその使い分けについて、

お話ししたいと思います。

 

まず、join からいきます。

 

join「つながる」「結合する」という

意味を持っています。

 

We are going to have a party on Saturday.

Would you like to join us?

(土曜パーティーやるから、来ない?)

 

I joined the tennis club.

(テニス部に入った)

 

join は複数のものをつなぎ合わせる

仲間に入る、グループの一員になる

という意味です。

 

組織やグループに入るという

意味での「参加する」です。

 

なので、

 

Come join us! は、

僕たちと仲間になろう→「一緒にやろうよ!」

になります。

 

次は、attend です。

会議やイベントに「出席・聴講する」という

意味での「参加する」です。

 

したがって、

I attended the meeting. というと、

会議に出席して、聴講しただけで、

プレゼンをしたり、議長やパネリストなどの役割が

あったわけではないことになります。

 

一方、participate は、

「活動に関わる」という意味です。 

 

I participated in the meeting. とすると、

むしろ、発表や議長などの役割をして

会議に対して積極的にアクションをする

ことを意味します。

 

take part inparticipate in

言い換えになります。

 

いずれも、partという文字が入っています。

イベントや活動の一部になるというイメージですね。

 

「結婚式に出る」は、

 

「式に参列する」のであれば、

attend a wedding ceremony

 

Maid of HonorやBest Manなど

式の中でなんらかの役割をするのであれば、

participate in a wedding ceremony

となります。

 

「ライブに参加する」は、

attend a concert では、

「ライブを見に行く」になり、

 

participate in a concert では、

「ライブに出る」ことになります。

 

*ちなみに、英語でのライブ(live)は、

「生の、生中継」という意味でしかありません。

日本語の「ライブ」は 、

規模の大きさやジャンルにかかわらず、

英語では全て concert になります。

 

いかがでしたか?

 

「参加する」の使い分け、

注意してみてください。

思いの外、伝わりやすくなるかもしれませんよ!

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


身近な話題をテーマにしながら、

親しみやすさ、楽しさがウリのレッスンです!

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 

エンパワーの英会話ってどんな感じ?

↓ ↓ ↓

オンラインレッスン

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓