「エールを送る」の英語は?

こんにちは。橋本です。

 

今年のNHKテレビ小説「エール」は、

作曲家・古山裕一とその妻が、

戦争で傷ついた人々の心を

音楽の力で勇気づける物語

 

人々を「応援する」ドラマということで、

タイトル「エール」がつけられていると

思います。

 

「エール」の元になった言葉は、

英語の yell だそうです。

 

yellは「学生の対抗試合などで応援するために

発する声をそろえての喚声」という意味があります。

 

ただ、発音はイェルに近く、

「エール」とはかなり遠い・・・

 

かつ、yell「大声を出す」ともすれば

「怒鳴っている」イメージ。

 

Don’t yell at me.

(怒鳴らないで)

 

You don’t have to yell. I can hear you.

(大きな声出さなくていいよ。聞こえてるから。)

 

yell は、確かに「大きな声を出す」という

意味なのですが「怒鳴る」イメージなんです。

 

yellの「応援の時の掛け声」という意味は、

スポーツの試合という特定の場面でしか使われません。

 

yell自身には、精神的、気持ちとして「応援」や

「応援する」というときには使いません。

 

なので、英会話では、仕事などを頑張っている人に

「エールを送る」で、yell を使っても

通じないです・・・

むしろ、怒って怒鳴っているとも

とられかねないです。

 

「エールを送る」というとき、

実際に「掛け声をかけている」わけではなく、

比喩表現の場合、英語にするときは

その時の状況に合う具体的な表現に変えなければ

なりません。

「頑張って」が一つの言葉で言い表せないのと

同じ感じです。

 

こちらもどうぞお読みください

↓ ↓ ↓

「頑張って」を英語で言うには?ーWork harder! では落ち込ませる!?

 

wish +人 + the best (幸運を祈る)が

その一つかなあと思います。

 

応援したいとき、励ましたいときに使う

”I wish you all the best.”

 

He wished the actress the best.

(彼はその女優にエールを送った)

 

エールを送るが「支持を表明する」

expressed support for — 

という場合もあると思います。

 

今日のまとめです。

 

エールの元は yellであるものの、

「応援」という意味で使われるのは

スポーツなどの特定の場面だけ。

精神的な励ましという意味「エール」で使うときは、

wish —  the bestなど別の表現を使いましょう!

 

ちなみに、google 翻訳で「エールを送る」を

調べると send ale と出てきます。

「ビールのエールを送る」となるのでご注意を!

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


身近な話題をテーマにしながら、

親しみやすさ、楽しさがウリのレッスンです!

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 

エンパワーの英会話ってどんな感じ?

↓ ↓ ↓

オンラインレッスン

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓