新入社員は『フレッシュマン』ではない!?

こんにちは。橋本です。

 

前回の記事で、英語には「社会人」という言葉がない

というお話をしました。

 

英語にはない「社会人」という言葉

 

今回は、社会人に関連して「フレッシュマン」という言葉について

書いていきたいと思います。

 

日本では新入社員、新社会人をさして使われています。

春先には「フレッシュマン応援フェア」「フレッシュマンセール」

といった、新社会人向けのスーツ、一人暮らし用の家具や家電製品、

自動車の売り込み広告がよく目に留まります。

 

「フレッシュ」「新鮮な、新しい」という意味なので、

「フレッシュマン」はとても爽やかな感じがしますね。

初々しい大学卒業したての新社会人、新入社員のイメージに

ぴったりです。

 

でも、ネイティブスピーカーは

新入社員を freshman とは呼びません。

 

英語 のfreshman は、高校や大学の1年生を指します。

つまり、高校1年生、大学1年生といった学年です。

 

I’m a freshman at Duke University.

(私はデューク大学の1年生だ)

 

George and Miranda met in their freshman year at high school.

(ジョージとミランダは高1のときに出会った)

 

それでは、新入社員はどう表現するかというと、

new, new employee/hire, newcomer などを使います。

 

There are a lot of new employees coming this year.

(今年は新人がたくさん入ってくる)

 

以下は会社に限らず、

何かに新しく入った人、新顔という意味で使えます。

I am new here. (こちらの新人です)

He is a newcomer. (彼は新人だ)

 

簡単ですね!

 

どんな年齢でもその職場に新しく入ったということであれば、

これらの表現を使います。

日本語の新人や新入社員は、

学校卒業したばかりの若いイメージがありますが、

英語圏では従業員の流動性が高く、就職時期も決まっていません。

転職者もざらにいるため、年齢も様々ですからね。

 

ただ、freshmanは学校以外に、

congressman (議員)senator(上院議員)

などの1年目の議員のことを

freshman congressman, freshman senator

言うことはあるようです。

日本語の「1年生議員」と同じ発想ですね。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 

エンパワーの英会話ってどんな感じ?

↓ ↓ ↓

オンラインレッスン

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓