「酔っぱらう」度合いによる英語表現の使い分け

こんにちは。橋本です。

 

今日はお酒に関して「酔っぱらう」という表現の

まとめです。

 

お酒に「酔っている」というとき、

最も一般的な表現は

drunk です。

 

– He is drunk.

(彼は酔っている)

 

飲酒運転

drunk driving と言います。

 

逆に、「素面」soberです。

–  He is sober.

となります。

 

また「酔っている」は、ちょっと硬い言葉で

intoxicatedという言葉も使われます。

 

飲酒運転の刑罰のことをDWIというのですが、

Driving  While Intoxicated

(直訳:酒に酔いながら運転すること)

の各単語の頭文字をとっています。

 

また、intoxicatedは、

アルコールやドラッグの

反応だけでなく、成功や嬉しいことに

「酔う」という比喩でも使えます。

 

–  He was intoxicated by his success in the world competition.

(彼は世界大会での成功に酔いしれた)

 

酔いの度合いに応じて、

様々な表現があります。

 

「ほろ酔い」 tipsy, bussed

– He is tipsy.

– He is bussed.

 

「泥酔」 wasted, hammered

– He is wasted.

– He is hammered.

 

「酔い潰れる」pass out

– He passed out.

pass out はもともと「気絶する、意識を失う」

という意味で、お酒に限らず使います。

 

「記憶を失う」blackout

– He black outed.

–  He was blackout drunk.

 

black outpass outと同様、

もともと「記憶をなくす」という意味なので、

お酒以外のときも使えます。

また、blackoutには「停電」という意味もあります。

 

「二日酔い」hangover

–  I have a hangover.

(二日酔いだ)

 

風邪をひいた(have a cold)

頭痛がする(have a headache)と同様に

動詞はhaveを使います。

 

*「ハングオーバー」といえばこの映画。

おバカコメディー見たいときは超おすすめです!

↓  ↓  ↓

ブラッドリー・クーパーの出世作『ハングオーバー』

 

 

なかなかお酒に酔わない、強い人をなんというかというと・・・

↓  ↓  ↓

「お酒に強い・弱い」にstrong, weak は使えない!?

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

 


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 

エンパワーの英会話ってどんな感じ?

↓ ↓ ↓

オンラインレッスン

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓