「私は〜である」I’m を使って話そう

今日は、「私は〜である、〜だ」

自分が何者であるか、どんな状態かを

英語で話してみましょう

 

「〜」の部分は私についての情報が入ります。

日本語で「〜である」の部分を考えてみましょう。

たとえば、

・私は会社員である。

・私は旅行者である。

・私は幸せである。

・私は空腹である。

 

英語の語順は次のようになります。

私—be動詞—私の情報

主語が私(I)の時はいつもamになります。(現在時制のとき)

「私は会社員である」を英語にしてみます。

 

会社員は an office worker なので、

私—be動詞—私の情報の順に並べて

I am an office worker. となります。

 

次に旅行者は、a touristなので

I am a tourist.

となります。

会社員、旅行者は、一つの個体を表す名詞なのでa(n)がつきます。

 

今度は「私は幸せだ」と言ってみます。

幸せは happyですね。

やはり私—be動詞—私の情報の順に並べて

I am happy. となります。

 

空腹=お腹が空いているはhungryなので、

I am hungry となります。

 

happyやhungryは状態を表す形容詞なのでa(n)はつきません。

 

「私は〜である」と、自分が何者であるか、

どんな状態かを話すには、

I’m —-. と表現すればいいことがわかりますね!

 

自己紹介で

I’m Haruko Iwata. というように

I’m の後に名前を言います。

 

How are you? (元気ですか?)と尋ねられたら

I’m fine. など、

I’m の後ろに状態を表す語句を入れます。

 

I’m —-.

短いですが、きちんとした文です。

みなさんもぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA