映画の日に映画を見損ねる

今日は11月1日、毎月1日の映画が1100円で見られる日です。

 

上映時間ぎりぎりに到着すると、

「ただいまの上映は満席で、次回のチケットを販売しております」

とのアナウンスの声。

 

この「観られなかった(=観損ねた)」というこの状態を

を英語で言うと、

 

missed the movie.

と表現できます。

 

missは ~し損ねるという意味があります。

 

私の中のイメージでは、

「手に入るはずだったものが、するっと自分からこぼれる」

感じがしています。

 

例えば、

 

miss the bus/train (バス/電車に乗り遅れた)

miss the ball (ボール取れなかった(取り損ねた))

 

のように、こぼしてしまったものを後ろにいれて使います。

 

おすすめの映画や番組の最後には、

Don’t miss it!

(お見逃しなく)

で締めくくられていることも多いです。

 

miss  とすると

に会えなくて寂しいという意味です。

 

私が意味を覚えたときの勝手なこじつけなんですが、

本来近くにいるはずなのにいない→寂しいという感じなのかなあ

と思っています。

 

今日は、平日だからと甘くみておりました。

時間に余裕を持って行動したいものです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA